語学の勉強、略して「ごがべん!」

命令文の作り方や使い方について|中1英語やり直し

命令文とは?

命令文とは、「~しなさい」や「~してください」、「~して」といったように、相手に何かを命じたり、頼みごとをする文章のことをいいます。

それほど難しい内容ではないので、気負わなくても大丈夫ですよ!

命令文の作り方

英語では基本「主語+動詞」の語順で文章を始めますよね。でも命令文では主語を省略し、「動詞の原形」で文章を始めます。

命令文の作り方

ここがポイント

命令文動詞の原形で文章を始める

命令するときや頼み事をするときは、今まさに接している相手に対してするわけですよね。目の前にいる場合もそうですし、電話などで目の前にいなくても会話してやり取りし、接していますよね。つまり、命令というのは2人称「あなた、あなたたち」に向けて行っているわけです。だから主語を省いても意味が分かるので、命令文は動詞の原形で文を始めるんだと考えましょう。

一般動詞の場合とbe動詞の場合のそれぞれをみていきましょう。

一般動詞の命令文

一番大事なポイントは、命令文では動詞の原形で文章を始めるということ。
これさえ押さえれば、もうこの単元の9割は理解したも同然!あとはこまごました注意点を意識するだけです。

一般動詞の命令文は一般動詞の原形をそのまま文頭に置き、そのまま文章を始めるだけです。
例文を見てください。

命令文(一般動詞)

  • Look.

見なさい。

  • Open the window.

窓を開けなさい。

  • Stay here.

ここにいなさい。

  • Close the door.

ドアを閉めなさい。

  • Take care of your sister.

妹の面倒を見なさい。

【語句】take care of ~:~の世話をする

よく英語の授業で聞く「Repeat after me.」も「私の後に繰り返しなさい(言いなさい)。」ということですね!

例文では「~しなさい」という強い命令口調だけど、場面・状況によっては、「~して」という柔らかめの意味になることもあるよ~

例文では、Look.の訳は「見なさい」としましたが、状況によっては「見て!」といった感じになります。Open the window.も「窓を開けて!」、Stay here.も「ここに居て!」といった感じで、友達同士、家族間などでのやり取りのシーンが想像できますね。

答え方は特に型があるわけではないですが、「Yes.(はい。)」や「OK.」「All right.(構わない。)」「I’ll do it.(やります。)」などがあります。

また、相手に呼びかけるときに、相手の名前を文頭や文末に置くことがあります。

相手に呼びかけるとき

  • Close the door, Alice.

ドアを閉めなさい、アリス。(ドアを閉めて、アリス。)

  • Alice, close the door.

アリス、ドアを閉めなさい。(アリス、ドアを閉めて。)

呼びかけた語の後は、コンマを忘れないでね~


be動詞の命令文

つづいてbe動詞の場合の命令文についてみていきましょう。

be動詞の場合も一般動詞のときと同じく、命令文は動詞の原形で始めます。be動詞の原形は「be」ですね。つまり、be動詞の命令文は「be」で始めるわけですね。
beの後ろには、普通のbe動詞の文のときと同じように「形容詞」や「名詞」などがつづきます。

be動詞の命令文

  • Be quiet.

静かにしなさい。

  • Be careful.

気を付けて。

  • Be kind to others.

他者には親切でありなさい。

  • Be a good person.

良い人でありなさい。


否定の命令文

これまでは「~しなさい」「~してください」といった、肯定文での命令文をみてきましたね。
ここでは、「~してはならない」「~するな」「~しないでください」といった否定の命令文をみていきます。

命令文は動詞の原形で文章が始まりましたね。
否定の命令文の作り方は、命令文の文頭に「Don’t」を付けるだけです。

否定の命令文の作り方

否定の命令文(一般動詞)

Don’t + 動詞の原形 ~.

  • Don’t open the window.

窓を開けてはいけません。(窓を開けるな。)


be動詞の否定の命令文は少し注意が必要です。
命令文ではない普通の文では、be動詞の否定文はbe動詞の後ろにnotを置いて作りましたね。
でも命令文では、Don’tbeの前に置いて作ることになります。
否定の命令文(be動詞)

Don’t be ~.

  • Don’t be noisy.

騒々しくしてはいけません。(騒ぐな。)

【語句】noisy [ nˈɔɪzi ](ノイズィー):騒々しい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です